大小一腰   眠竜子寿実        江戸時代  因幡国
  
     大刀 (銘) 於東武眠龍子寿実
            文政三年二月日
     小刀 (銘) 眠龍子寿実
            文政八年酉仲秋
    
     大小とも本造り庵棟、大刀の刃長68.2p、反り1.4p、元巾2.9、先巾2.4センチ
      元重ね7、先重6ミリ、京反りの造り込みである。
      小刀の刃長51.8、反り1.0p、元身幅2.8、先巾2.3p、元重6.先重4o。      
      地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、匂い出来互の目丁字乱れ、刃中足入る。
      帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
      茎、うぶ、化粧筋違ヤスリ。
 
     
     濱部寿格の実子、寛政年間に父と共に江戸に出て鍛刀したと云う、本作の「於東武..」の銘文から
      その事実が伺える。









    金着せ二重ハバキ付
    白鞘付   藤代松雄(人間国宝)鑑定書付            
    しのぎ刀剣美術館