脇差 (銘) 武州住周重作        室町時代  武蔵国
   
     平造り三棟、刃長42.8p、反り1.0p、元巾3.0、先巾2.8センチ
      元重ね5、先重4ミリ、表に草の倶利伽藍竜、裏に護摩樋と梵字の彫刻がある。
      地鉄、板目に木目、流れ柾交じり一部分渦巻き状となり地沸付く。      
      刃紋、小沸出来直刃。
      帽子、先、丸く返る。
      茎、うぶ、切ヤスリ。
 
     
     初代下原周重の作品です。






刃堺に刃と平行して鍛錬傷が有ります。

    白鞘付   特別保存刀剣鑑定書付                
    しのぎ刀剣美術館