刀 (銘) 武蔵守藤原兼中         江戸時代  越前国
   
     本造り庵棟、刃長69.6p、反り1.9p、元巾2.9、先巾2.4センチ、元重ね6、先重4ミリ。
      地鉄、板目に木目交じり、総体に鉄色は黒味がかる。      
      刃紋、尖り互の目乱れ足入り。
      帽子、浅く乱れ込み、先、掃け心に丸く返る。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
     
     江戸中期の越前関では代表的な刀工で、業物の作者として知られ「兼仲」とも刻しました。
           







 
    半太刀拵え付               
    しのぎ刀剣美術館