短刀 (銘) 兼  氏                 南北朝時代  美濃国
   
     平造り三つ棟、刃長20.6p、反り−p、元巾1.7p、先巾1.5センチ、元重ね4.5、先重4ミリ。
      地鉄、小板目に木目交じり地沸一面に付く。      
      刃紋、のたれ互の目、刃中足入り、細かな砂流し掛かる。
      帽子、先、掃け心に丸く返る。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
     
     志津三郎兼氏二代目の作品で、刀剣保存会発行「優秀刀図録」にも所載の名品です。
 




    保存会優秀作鑑定書               
    しのぎ刀剣美術館