刀 (銘) 和泉守藤原国貞        江戸時代  摂津国
   
     本造り庵棟、刃長78.7p、反り1.5p、元巾2.9、先巾2.5センチ
      元重ね7、先重5ミリ、腰反りの姿である。
      地鉄、板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り。
      帽子、先、丸く返る。
      茎、うぶ茎尻、区送り、筋違ヤスリ。
 
     
     初代国貞(親国貞とも云われる)の作品です。






 地刃健全出来見事な一振りです。

    白鞘付   保存刀剣鑑定書付                
    しのぎ刀剣美術館