脇差 (銘) 但馬守法城寺橘貞国      江戸時代  武蔵国
   
     本造り庵棟、刃長52.9p、反り1.9p、元巾2.9、先巾2.5センチ、元重6、先重5ミリ。
      地鉄、小板目に木目交じり、地沸付き総体に良く詰む。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、匂い深く刃中足入り。
      帽子、浅く乱れ込み、先、掃け心に小丸に返る。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
     
     江戸法城寺を代表する刀工で、江戸幕府御用鍛冶として著名です。
           




 
    白鞘付   保存刀剣鑑定書付               
    しのぎ刀剣美術館