刀 (銘) 肥州平戸住久次   江戸時代   肥前国
      寛政二年十一月吉辰

    本造り庵棟、刃長69.0p(2尺2寸7分7厘、反り1.2p(4分)、元身幅3.0、先巾2.4p
     元重ね6、先重4o、尋常な造り込み。
     地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
     刃紋、小沸できのたれ、刃中食い違い刃交じり、金線、砂流し掛かる。
     帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
     茎、うぶ茎、化粧に折違ヤスリ。


    久次は松村昌直門、のちに土肥真了門人と成りました。
         









    
    外装.白鞘付 日本刀剣保存会鑑定書付    
    しのぎ刀剣美術館