刀 (銘) 相模国人源久義        江戸時代  相模国
       文久三年八月日

      本造り庵棟、刃長72.9p、反り1.6p、元巾3.1、先巾2.5センチ
      元重ね7、先重5ミリ、腰ぞり気味の体配です。
      地鉄、柾目肌やや流れ心に地沸付く。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り砂流し掛かる。
      帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
      茎、うぶ、化粧折違ヤスリ。
 
     
      細川正義門人、小田原住のちに江戸で鍛刀、左行秀の師として知られています。
      
刀剣押型


    白鞘付   特別保存刀剣鑑定書付            
    しのぎ刀剣美術館