脇差 (銘) 兼  涌                 室町時代  美濃国
   
     平造り庵棟、刃長35.4p、反り0.5p、元巾2.9、先巾2.6センチ、元重6.5、先重5ミリ。
      表裏に棒樋の彫刻がある。
      地鉄、板目総体に肌立ち鉄色は黒味がかる。      
      刃紋、尖り互の目乱れ足入り。
      帽子、先、掃け心に返る。
      茎、うぶ茎、檜垣ヤスリ。
 
     
     兼涌は「金が涌く」..とされ縁起の良い銘文で珍重されたと云います。 刀身押型




 
    白鞘付藤代松雄鑑定書付               
    しのぎ刀剣美術館