刀 (磨上無銘) 尻  懸          鎌倉時代  大和国
      

     本造り庵棟、刃長74.0p、反り2.6p、元巾3.0、先巾2.4センチ
      元重ね6、先重4ミリ、京反り気味の体配です。
      地鉄、板目肌やや流れ心に地沸付く。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り砂流し掛かる。
      帽子、直ぐに、先、小丸に返りは浅い。
      茎、大磨上、勝手下がりヤスリ。
 
         



    



    外装..白鞘付   甲種特別貴重刀剣鑑定書付 追加写真
    しのぎ刀剣美術館