刀 (無銘) 月  山              年代不明   出羽国
                

    本造り庵棟、刃長72.0、反り2.0p、元身幅2.9、先巾2.4p、元重ね4、先重3o。
     地鉄、綾杉肌が顕著に表れている。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの小互の目乱れ。
     帽子、先、掃け心に返る。
     茎、大磨上茎、切りヤスリ。
    
     月山鍛冶は鎌倉初期頃からの古い鍛冶で、綾杉肌を持ち味とした作品が多いが、在銘品が
     少ないので年代の特定も難しいようである。

         


切っ先の中の黒い汚れは傷ではなく鞘当たりなので研磨で直ります。

   白鞘入り.甲種特別貴重刀剣認定書付    
    しのぎ刀剣美術館