脇差 (銘) 菊紋 越中守正俊      江戸時代   山城国
                

    本造り庵棟、刃長55.1、反り1.6p、元身幅2.9、先巾2.4p、元重ね6、先重4o。
     表裏に棒樋の彫刻を丸留め。
     地鉄、小板目に地沸付く。      
     刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中砂流しかかる。
     帽子、先、掃け心に返る。
     茎、うぶ茎、切りヤスリ。
    
     正俊は関兼道の四男で、三品派の代表格の一人です。慶長二年に越中守を受領し、
     本作の三代目まで代々繁栄しました。








   白鞘入り.保存刀剣鑑定書付    
    しのぎ刀剣美術館