刀 (磨上無銘)  三  原          鎌倉−南北朝時代  備後国
         
    本造り庵棟、刃長68.7p、反り1.2p、元巾2.7、先巾2.2センチ、元重ね5、先重4ミリ。
     地鉄、板目に柾目まじり地沸付く。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの直刃。
     帽子、直ぐに、先、掃けて小丸に返る。
     茎、大磨上茎、切りヤスリ。
 

    三原は鎌倉時代から南北朝時代の物を「古三原」といい、室町時代の物を「末三原」
     と呼び区別しています。








   白鞘入り. 保存刀剣鑑定書付
   しのぎ刀剣美術館