刀 (銘)   備 州 長 船 祐 定          室町時代  備前国
       
    本造り庵棟、刃長66.3p、反り1.5p、元巾2.9、先巾2.4センチ、元重ね6、先重4ミリ。
     表裏に角留めの棒樋の彫刻が有ります。    
     地鉄、板目に木目まじり、映り立つ。      
     刃紋、小沸付くが匂い勝ちの腰開き互の目、蟹爪刃風となる。
     帽子、乱れ込み、先、細かく掃け心に小丸く返る。
     茎、僅か磨上るが銘文残る、勝手下がりヤスリ。
 

  






   白鞘入り. 保存刀剣鑑定書付
   しのぎ刀剣美術館