刀 (金粉銘) 綱  広              江戸時代   相模国
           光孫 花押
     

    本造り庵棟、刃長68.2、反り1.4p、元身幅2.7、先巾2.4p、元重ね5、先重4o。
     地鉄、板目に木目交じり地沸付いて強い。      
     刃紋、小沸付く互の目乱れ、刃中足入り、金線、砂流し掛かる。
     帽子、先、掃けて返る。
     茎、大磨上茎、元ヤスリ不明。








   白鞘(光孫氏の鞘書き入り)付.貴重刀剣認定書付    
    しのぎ刀剣美術館