刀 (銘)  志津三郎兼氏        江戸時代   尾張国
       
    本造り庵棟、刃長70.6p、反り1.0p、元巾2.9、先巾2.6センチ、元重ね6、先重4ミリ。
     中切っ先が伸びる、表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、板目流れて柾目掛かり、木目まじり、地沸付く。      
     刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中に金線、砂流し掛かり足入る。
     帽子、乱れ込み、先、細かく掃け心に返る
     茎、うぶ茎、鷹の羽ヤスリ。
 

    志津三郎兼氏の末裔、尾張国大垣住。




縁頭.後藤光令.花押 水仙図

 目貫 赤銅地馬図金象眼

 外装.白鞘入り. 人間国宝.藤代松雄正真鑑定書
 しのぎ刀剣美術館