刀 (銘)  雲州住貞永作之        平成時代  島根県
        平成元年六月日

    本造り庵棟、刃長72.2p、反り1.9p、元巾3.2、先巾2.6センチ、元重ね5、先重4ミリ。
     京反りで表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に木目まじり。      
     刃紋、小沸出来丁字乱れ、刃中に金線、砂流し掛かり足入る。
     帽子、乱れ込み、先、小さく小丸に返る。
     茎、うぶ茎、化粧に筋違ヤスリ。
 

    全日本刀匠会理事、入選多数回、島根県仁多郡横田町住。







   外装付.  しのぎ刀剣美術館