刀 (銘) 横山上野大掾藤原祐定          江戸時代   備前国
       備州長船住人
        
    鵜の首造り庵棟、刃長47.8p、反り1.4p、身幅、重ね共に普通。
     地鉄、小板目に木目まじり、やや肌立ちこころに地沸付く。      
     刃紋、小沸出来互の目乱れ、腰が開き蟹爪風の刃が混じる。
     帽子、乱れ込み、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、浅い勝手下がりヤスリ。
 

    新刀期の備前国長船の代表的刀工です。
              










   外装・白鞘付. 特別貴重刀剣鑑定書付
   しのぎ刀剣美術館