刀 (銘)  大 和 守 貴 道        江戸時代  尾張国
          
    本造り庵棟、刃長71.7p、反り1.6p、元巾2.9、先巾2.5センチ、元重ね5、先重3ミリ。
     地鉄、小板目に木目まじり。      
     刃紋、直刃、刃縁締まり心に足入る。
     帽子、直ぐに、先、丸く返る。
     茎、うぶ、化粧筋違ヤスリ、角棟。
 

    室屋関兼道の末裔と称し名古屋に住む。
     初代は阿波守を受領したが、本作の貴道は二代目で、大和守を
     受領しました。この作品は直刃に足入りの古調な出来映えです。
     鑑賞には飽きない一振りとなるでしょう。    
      業物
                          










   日本刀剣保存会鑑定書付  良業物
   外装.白鞘入り.  しのぎ刀剣美術館