脇差 (銘)  武蔵守藤原友常        江戸時代  尾張国
         寛文四年八月日  

    本造り庵棟、刃長39.0p、反り0.9p、元巾2.8、先巾2.3センチ、元重ね6、先重4ミリ。
     地鉄、小板目に木目まじり。      
     刃紋、直ぐ焼き出しに小沸え出来互の目乱れ、刃中に細かい砂流し掛かり足入る。
     帽子、先、小丸に返る。
     茎、うぶ、筋違ヤスリ。
 

    美濃国関七流の内の奈良太郎派の末流、尾張国三代目政常門人。    
                         







変わり茶色鞘脇差拵え..赤銅魚子地、美保の富士図縁頭、鍔鉄地武者図、小柄人物図赤銅魚子地、


   特別貴重刀剣認定書付  
   外装入り.  しのぎ刀剣美術館