脇差 (銘) 武州下原住内記康重    江戸時代  武蔵国
      

     本造り庵棟、刃長48.0p、反り1.0p、元巾2.7、先巾2.5センチ
      元重ね6、先重4ミリ、寛文貴の体配です。
      地鉄、小板目肌詰み地沸一面に付く。      
      刃紋、小沸出来直刃。
      帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
      茎、うぶ、切りヤスリ。
 
     
     康重は武蔵国八王子の古刀期から続く下原系の刀匠で、この広重は寛文頃の広重です。





    白鞘付   特別保存刀剣鑑定書付            
    しのぎ刀剣美術館