刀 (磨上無銘)  古 三 原          鎌倉時代   備後国
        
    本造り庵棟、磨上茎、刃長69.2p、反り1.6p、元身幅2.8p、先幅2.1p、重ね6o、先重4o。
     表裏に棒樋の彫刻を掻通す。
     地鉄、小板目に木目まじりよく練れて地沸付く。      
     刃紋、小沸出来直刃。
     帽子、直ぐに、先、小丸で返りは浅い。
     茎、磨上。
 

                 





   白鞘付. 第14回重要刀剣指定書付
   しのぎ刀剣美術館