脇差 (銘)  長 曽 根 興 正          江戸時代   武蔵国
       
    本造り庵棟、刃長54.0p、反り1.6p、元身幅2.9、先幅二.三p、元重ね7o、共に尋常な作り込み。
     地鉄、小板目に木目まじり地沸付く。      
     刃紋、小沸出来直刃に互の目交じり足入り。
     帽子、のたれ込み、先、丸く返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ、角棟。
 

    興里門人で後に養子となる、江戸下谷住、最上大業物 刀剣押形











   外装、白鞘入り. 特別保存刀剣鑑定書付
   しのぎ刀剣美術館