刀 (銘)  備州長船祐定          室町時代   備前国
        
          永禄十年八月日
       
       本造り庵棟、刃長79.7p、反り1.3p、元身幅3.1、先幅2.5p、元重6、先重5o。
        地鉄、板目が総体に流れる。      
        刃紋、直刃調子で浅くのたれ、刃中小乱れ交じり足入る。
        帽子、先、焼き崩れ風に返る。
        茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 

    
     
       
     
     
     

   外装.白鞘入り 藤代松雄正真鑑定書 
   しのぎ刀剣美術館