脇差 (銘) 坂倉言之進照包          江戸時代   摂津国
         天和三年二月日

    本造り庵棟、刃長50.1p、反り1.4p、元身幅2.9、先幅2.3p、元重ね5o、共に尋常な造り込み。
     地鉄、板目に木目まじり地沸付く。      
     刃紋、小沸え出来の大互の目乱れ、直ぐ焼き出しに箱がかった形の刃が交じり刃中に足入る。
     帽子、乱れ込み、先、掃けて返る。
     茎、うぶ茎、筋違ヤスリ。
 

    本国は美濃国、包貞門人、越後守包貞二代目を継ぐ、最初包貞を名乗っていたがのちに照包に改名。





  

   外装.白鞘入り. 特別保存鑑定書付

   しのぎ刀剣美術館