短刀 (銘) 桜花紋 於大城下英義作          江戸時代   武蔵国
         文久元年八月日

    平造り庵棟、刃長28.7p、反り0.3p、元身幅3.0、先幅2.8p、元重ね8,先重6o。
     地鉄、板目に木目まじり地沸付く。      
     刃紋、小沸え出来のたれ、刃中に砂流し働く。
     帽子、先、掃け心に丸く返る。
     茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
 

    藤枝太郎英義は細川正義の門人で武蔵国川越藩工です。
     本作は桜花紋を刻み千葉の佐倉城下打ちであることを示しています。
     










   白鞘入り. 保存刀剣鑑定書
   しのぎ刀剣美術館