脇差 (銘)  越中守包国          江戸時代  大和国
           
    本造り庵棟、刃長58.98p、反り1.1p、元巾3.0、先巾2.4センチ、元重ね6、先重4ミリ。
     表に独鈷付剣、裏に護摩樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に木目まじり。      
     刃紋、小沸付く互の目丁子乱れ、刃中に砂流し掛かり足入る。
     帽子、先、掃け心に小丸く返る。
     茎、うぶ茎、切ヤスリ。
 

    本名は筒井久右衛門、手掻系刀匠で包国六代目、大阪の初代丹波守吉道門人、筒井紀充の父。
                          







   白鞘入り.  しのぎ刀剣美術館