脇差 (銘)  兼   元        室町時代  美濃国
        
    本造り庵棟、刃長44.4p、反り1.2p、元巾2.7、先巾2.0センチ、元重ね5、先重3ミリ。
     表に梅龍、裏に野梅の彫刻がある。
     地鉄、小板目に流れ正と木目まじり。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの尖り互の目乱れ、刃中に足入る。
     帽子、乱れ込み、先、尖り心に小丸く返る。
     茎、うぶ茎、鷹の羽ヤスリ。
 

    兼元を名乗る刀工は室町末期頃に同名工が数人いますので、それらを個別に特定するのは困難ですので
     一般的に孫六兼元と混同せぬように、「別人」とか「後代とか」言う鑑定の仕方をする場合が多いです。
                          







   白鞘入り.
   しのぎ刀剣美術館