刀 (銘)  中尾一吉鍛  肥前国忠治刃      昭和時代  肥前国
         明治百年

    本造り庵棟、刃長75.8p、反り2.1p、元巾3.2、先巾2.6センチ、元重ね6、先重5ミリ。
     腰反り高く中切っ先延びる。
     地鉄、小板目に木目まじり。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの互の目丁子乱れ足入り。
     帽子、乱れ込み、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、切りヤスリ。裸身重量
1.07キログラム。 
    
     中尾忠治氏は俗名を三治郎と言う、明治43年生、桜井正次門人、佐賀県住、一吉は実子で昭和14年生
     本作は明治百年を記念した親子合作の一振りです。


                          





 拡大写真

   白鞘入り.天正拵え付
   しのぎ刀剣美術館