槍 (銘)  国 光 作          室町時代  但馬国
        但州住

    平三角造り、刃長26.2p、反り-p、元巾3.2、先巾2.8センチ、元重ね2.0cm。
     裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、板目に正目まじり。      
     刃紋、小沸付く互の目乱れ、刃中に足入る。
     帽子、先、焼き詰。
     茎、うぶ茎、ヤスリ不明。
 

    初代国光は貞宗の三哲といわれ大業物として著名で、南北朝時代に活躍しました。
     本作は後代の国光で室町初期頃の作品です。

                          







   白鞘入り.保存刀剣鑑定書付
   しのぎ刀剣美術館