刀 (銘)  南都住金房兵衛尉政次        室町時代  大和国
        
    本造り庵棟、刃長68.8p、反り2.0p、元巾3.3、先巾3.0センチ、元重ね7、先重5ミリ。
     身幅広く、切っ先が伸びて豪壮な感じのする造り込み。
     地鉄、小板目に木目まじり、地沸付く。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちで、刃縁締り心の互の目乱れ、刃中足入り、砂流しかかる。
     帽子、乱れ込み、先、尖り心に返る。
     茎、磨上茎、切ヤスリ。
 

    室町時代の永禄頃に活躍した大和国金房派の代表的な刀工です。   














   白鞘入り.保存刀剣鑑定書付 
   しのぎ刀剣美術館