脇差 (銘)  造 大慶直胤 花押        江戸時代  武蔵国
        天保五年仲秋 

    本造り庵棟、刃長50.4p、反り1.2p、元巾2.8、先巾2.5センチ、元重ね5、先重4ミリ。
     地鉄、小板目に木目まじり。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの互の目丁子乱れ、刃中足入り明るく冴える。
     帽子、浅く乱れ込み、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
 

    荘司箕兵衛、出羽国山形生まれ、水心子正秀門人、江戸浜町に住む、秋元家抱え工。
                          


   白鞘入り. 特別保存鑑定書付
   しのぎ刀剣美術館