刀 (銘)  林 重秀               江戸時代  肥前国
        安政二年 秋 

    本造り庵棟、刃長72.2p、反り1.8p、元巾3.0、先巾2.2センチ、元重ね7、先重5ミリ。
     地鉄、小板目に柾目まじり、良く詰む。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの互の目丁子乱れ、刃中足入り明るく冴える。
     帽子、直ぐに、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
 

    俗名は林多門、肥前国大村藩士、大慶直胤門人。
                          












   白鞘入り. 特別保存鑑定書付

   しのぎ刀剣美術館