脇差 (銘)  備中国砦部河野与太郎為家        江戸時代  備中国
        
    本造り庵棟、刃長58.8p、反り1.7p、元巾3.2、先巾2.6センチ、元重ね6、先重4ミリ。
     身幅広めで大切っ先で豪壮な造り込み。
     地鉄、小板目に木目まじり、肌立ち心に地沸付く。      
     刃紋、のたれに互の目交じり小沸付き刃中足入り。
     帽子、先、掃け心に丸く、返りは深く焼き下げ棟焼きとなる。
     茎、うぶ茎、筋違ヤスリ。
 

    本名は河野与太郎、二代目為家の子で為家三代目を継ぐ、井上真改門人とも言う。
                          






   白鞘入り. 特別保存刀剣鑑定書付
   しのぎ刀剣美術館