脇差 (銘)  藤島友重        室町時代  加賀国
        
    菖蒲造り庵棟、刃長43.4p、反り0.8p、元巾2.7、先巾2.4センチ、元重ね5、先重4ミリ。
     地鉄、小板目に木目まじり、肌立ち心に地沸付く。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの直刃。
     帽子、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、浅い勝手下がりヤスリ。
 

    友重は来国俊門人と言われた鎌倉時代の初代から幕末に至るまで続いている名門ですが、
     現存品は南北朝時代からの物が殆どで、本作は室町中期頃から末期頃の作品です。

                          






   白鞘入り. 特別貴重刀剣認定書付
   しのぎ刀剣美術館