刀 () 吉田兼吉       昭和時代   岐阜県か・・
              

      本造り庵棟、刃長66.9p、反り2.0p、 
     元身幅3.0cm、先身幅2.4cm、元重ね7o、先重ね5o。
     地鉄、半鍛練で無地風。      
     刃紋、尖り互の目乱れ。
     帽子、直に、先、丸く返る。
     茎、うぶ茎、鷹羽ヤスリ。


    兼吉は名鑑漏れ、大東亜戦争当時の軍刀鍛冶であろう。
 






    白鞘付    
    
しのぎ刀剣美術館