脇差 () 菊紋一 河内守祐定    江戸時代   備前国
              

      本造り庵棟、刃長50.0p(1尺6寸5分)、反り2.0p(6分6厘)
     元身幅2.9cm、先身幅2.5cm、元重ね6o、先重ね4o。
     地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
     刃紋、小沸出来、直刃調子に小互の目足入り、金線、砂流し掛かる。
     帽子、あさくのたれ込み、先、やや掃け心に返る。
     茎、僅かに磨上る、切ヤスリ。

 
    横山仁左衛門、宗左衛門祐定の子、初銘は義光、摂津にも住む。








    白鞘付    特別貴重刀剣認定書付
    
しのぎ刀剣美術館