脇差 (銘) 豊後住藤原友行      江戸時代   豊後国
                     

    本造り庵棟、刃長51.0p(1尺6寸8分)、反り0.9p(3分)、身幅重ねは尋常。
     地鉄、小板目に木目交じり良く詰む。      
     刃紋、小沸付く互の目乱れ、箱刃かかり刃中足入り、金線、砂流し掛かる。
     帽子、直ぐに、先、やや掃け心に小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

    
    藤原高田派の刀工で、本作は小倉にて鍛刀した二代目友行の作品です。









    白鞘付. 保存刀剣鑑定書付
    しのぎ刀剣美術館