脇差 () 賀州住兼若(三代目)         江戸時代   加賀国
              

    
本造り庵棟、刃長55.5p(1尺8寸3分)、反り1.2p(4分)
     元身幅2.9cm、先身幅2.4cm、元重ね6o、先重ね4o。
     地鉄、小板目に杢と流れ肌を交じえ、やや肌立ち、地沸付き、カネ黒ずむ。      
     刃紋、小沸出来、のたれに互の目を交え、砂流し・金筋絡む。
     帽子、直に、先小丸に品よく返る。
     茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。

     
二代兼若の長男で、延宝5年父没後に兼若を襲名。
     本作は兼若の典型作で、地刃共にスッキリと冴えている。
 刀身押型
 





  



  白鞘付.賀州ハバき付    特別貴重鑑定書付

 
しのぎ刀剣美術館