刀 () 則 光               室町時代   備前国
              

     本造り庵棟、刃長61.1p(2尺0寸2分)、反り2.0p(6分6厘)
     元身幅2.6cm、先身幅2.0cm、元重ね6o、先重ね4o。
     地鉄、小板目に杢交じり、淡く映り立つ。。      
     刃紋、匂勝ち小沸つく、互の目丁子乱れに足・葉入る。
     帽子、浅く乱れ込み、先やや掃けごころに丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。


    所謂「寛正則光」と云われ、則光中では最も上手な鍛冶で、
    本作は当時大流行した片手打ちの姿に、古風な作域で中々趣きがあります。
    
刀剣押型
 


    外装付  外装の鑑定書保存刀剣鑑定書付

    
しのぎ刀剣美術館