脇差 () 来 定 盛        江戸時代   山城国
              

      本造り庵棟、刃長55.3p(1尺8寸2分)、反り1.0p(3分3厘)
     元身幅2.9cm、先身幅2.5cm、元重ね5o、先重ね4o。
     地鉄、板目に杢と流れ肌を交じえ、やや肌立つ。      
     刃紋、小沸出来、互の目乱れ。
     帽子、直に、先小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。


    
本国は美濃で、京へのぼり二代伊賀守金道の門人となる。
     「近江守」を受領、名古屋にも住す。






    白鞘付    特別貴重鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館