脇差 () 豊後高田住藤原行光    江戸時代   豊後国
              

      本造り庵棟、刃長48.5p(1尺6寸)、反り1.0p(3分3厘)
     元身幅3.2cm、先身幅2.8cm、元重ね7o、先重ね5o。
     地鉄、小板目よく練れてつんだ独特の地鉄。      
     刃紋、小沸出来、のたれ刃。
     帽子、浅く乱れ込み、先小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

     俗名は仲間勘左衛門、豊後国高田に住し作刀したので「高田物」と称される。
     本作も「高田住」とブランドネーム入りの間違いの無い作刀で、中々豪壮な姿に、肥前刀に紛れてしまい
     そうな綺麗な鍛え肌にのたれ刃を焼いた力作です。尚、子の伝十郎行光は肥後熊本へ移住する。

 






    白鞘付    保存鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館