脇差 () 上野国桐生住双龍子行慶作之  昭和 群馬県
              

      平造り庵棟、刃長48.7p(1尺6寸1分)、反り0.9p(3分)
     元身幅2.8cm、先身幅2.5cm、元重ね6o、先重ね4o。
     地鉄、小板目つみ、地沸つく。      
     刃紋、小沸出来、のたれに互の目交じり、砂流し・金筋絡む。
     帽子、直に、先小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がり。

     俗名を田口経雄、明治43年生まれ、桐生市に住す。本脇差は昭和57年5月吉日裏年紀入りの注文打ちで
     中々よく鍛えられた地鉄にのたれ刃を焼いた相州伝の作域で、地刃共に覇気がある。

 







    白鞘付    
    
しのぎ刀剣美術館