脇差 () 正 秀              江戸時代   武蔵国
              

      本造り庵棟、刃長52.7p(1尺7寸4分)、反り1.5p(5分)
     元身幅2.7cm、先身幅2.1cm、元重ね5o、先重ね4o。
     地鉄、小板目つみ、地沸つく。      
     刃紋、小沸出来、直焼出し、濤乱刃。
     帽子、浅乱れ込み、先小丸に丸に返る。
     茎、うぶ茎、化粧に大筋違いヤスリ。


    水心子正秀(初代)の濤乱刃を焼いた最上作。本国は出羽、秋元家の抱工、
    江戸へ出て鍛刀について各伝法を研究し、数多くの門人を育てた。



    白鞘付    特別保存鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館