脇差 () 守 重              江戸時代   加賀国
              

      菖蒲造り庵棟、刃長35.4p(1尺1寸7分)、反り0.7p(2分3厘)
     元身幅2.8cm、先身幅2.6cm、元重ね2o、先重ね2o。
     地鉄、板目に木目交じりやや肌立つ。      
     刃紋、小沸出来、中直刃。
     帽子、直に、先やや掃けごころに丸に返る。
     茎、うぶ茎、浅い勝手下がりヤスリ。


    この守重は加賀国藤島派の刀工で、地鉄は板目に杢を交えて肌立ち黒ずんだ
    独特の鍛えに中直刃を焼き、その作域や銘振り等とても古風な作域である。





    白鞘付、 貴重刀剣認定書付、参考全身写真
    
しのぎ刀剣美術館