脇差 () 元 興 (二代目)          江戸時代   陸奥国
              

      鵜首造り庵棟、刃長40.3p(1尺3寸3分)、反り1.1p(3分6厘)
     元身幅2.8cm、先身幅2.7cm、元重ね5o、先重ね4o。
     地鉄、板目に木目交じりやや肌立つ。      
     刃紋、小沸出来、互の目乱れ。
     帽子、直に、先やや掃けごころに小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。


    角大八元興の孫で、父早世につき孫の大助が元興を襲名し家督を継ぐ。初め会津道辰
    門人で、のち運寿是一にも学び、安政6年入道して「松軒」と号し、銘を「秀国」と
    改める。慶応二年「大和守」を受領、明治以降は東京に住し、明治24年に80歳で没す。








    外装付    保存鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館