短刀 () 於長崎 信義造              江戸時代   出雲国
       慶応二年八月日

      平造り庵棟、刃長24.2p(7寸9分9厘)、反り0.0p
     元身幅3.0cm、先身幅2.7cm、元重ね5o、先重ね4o。
     地鉄、小板目つみ、地沸つく。      
     刃紋、小沸出来、小互の目。
     帽子、乱れ込み、先小丸に返る。
     茎、うぶ茎、化粧に筋違いヤスリ。


    俗名は高橋成造、高橋長信の子で作風は父に似ると云う。 
刀剣押型






    白鞘付    保存鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館