刀 () 尾崎源五右衛門助隆       江戸時代   摂津国
      天明五年二月日
              

      本造り庵棟、刃長62.4p(2尺06分)、反り0.8p(2分6厘)
     元身幅3.2cm、先身幅2.6cm、元重ね7o、先重ね5o。
     地鉄、小板目つみ、地沸つく。      
     刃紋、小沸出来、直焼出し、大互の目乱れ、飛焼交じり華やか。
     帽子、浅く乱れ込み、先やや掃けごころに丸に返る。
     茎、うぶ茎、化粧に筋違いヤスリ。


   
尾崎源五右衛門、本国は播磨国、大坂へ出て黒田鷹ェの門人となる。
     その作風は本作の如く津田助広風の濤乱刃で、新々刀期の大坂を代表する刀工です。






    白鞘付    日本刀剣保存会鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館