短刀 (銘) 兼 元     二代目       室町時代  美濃国
        

      平造り庵棟、刃長25.4p 、僅か内反り、元巾2.1、先巾1.8センチ
       元重ね5、先重3ミリ、全体に気品のある造り込み。
       地鉄、板目に木目交じり地沸付く。      
       刃紋、尖り互の目、三本杉乱れ、刃中砂流しかかる。
       帽子、乱れて先、小丸心に返る。
       茎、うぶ茎、檜垣ヤスリ。
 
     
       いわゆる孫六兼元の作品です。
 






      特別保存鑑定書付  白鞘、金着一重ハバキ付
       しのぎ刀剣美術館