脇差 () 金 高         室町時代   美濃国
                    

      平造り庵棟、刃長34.8p(1尺1寸4分8厘)、反り0.7p(2分3厘)
     元身幅3.0cm、先身幅2.7cm、元重ね4o、先重ね4o。
     地鉄、板目に流れ柾交じり地沸付き肌立つ。      
     刃紋、小沸出来、尖り互の目乱れ、刃中足入り細かい砂流しかかる。
     帽子、地蔵風。
     茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。


   
この作品は初代の物で文禄頃に活躍し豊後守を受領しました。金高銘は元禄の三代目まで続きました。




    白鞘付  保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館